六麓荘に潜入!果たして有名人の豪邸で玉の輿はできたのか?

兵庫県芦屋市六麓荘町にいってきました。

ここは日本一の金持ちがあるまるエリアとして有名ですね。

ずっと前からいきたかったのですが、googleストリートビューで満足してしまっていました。
職場で六麓荘の話しがでたので、今回思い切って六麓荘にいくことにしました。

六麓荘に行く前に、職場に人たちに「六麓荘に住む有名人の豪邸にお邪魔するから!」と一言伝えておきました。

シンデレラストーリーを思い浮かべながら六麓荘に向かっていました。

六麓荘へは、JR芦屋駅からバス一本で行くことができます。
一時間に2本くらいしかありません。料金は220円で15分くらいで着きます。

googleマップでは、持ち寄りの駅(日出橋/ひのでばし)から徒歩15分となっていますが、
バス停のある日出橋が六麓荘のエリアです。

お金持ちのエリアというからバス停も豪邸並のバス停と期待していましたが、一般的なバス停でした。
六麓荘は住所だと六麓荘町ですが、一般的な呼び名として六麓荘と呼ばれています。


バス停を降りると、近くに六麓荘エリアの地図がありました。
地図を良く見ると、誰がどこに住んでいるのか名前が書かれていました。

もっと秘密厳守のエリアだと思ったので、意外とオープンで驚きました。
B’zの稲葉さんが住んでいる家があるのかなって探したのですが、書かれていませんでした。

もしかして別名で登録されてるのかなって思いました。

六麓荘の町をブラブラしていると、急な坂道が多いことがわかります。
町全体が山の斜面のため、隣の家に行くだけでも結構疲れそうです。

まぁ、それでも豪邸と呼ぶに相応しい家々がたくさんあります。
豪邸ではなくお屋敷といってもいいくらいの家もわんさかありました。

この家なんか、家なのかお屋敷なのかわかりませんw


六麓荘から眺める芦屋一望は絶景で、市内や海、その奥には大阪周辺の山も見渡すことができます。
この日は資源ごみの回収日ということもあってか、家々の前には
ゴミが置かれていたのですが、金持ちたちはどんなものを買ってるのかチラっとみるだけでも
参考になりました(笑) ちょっと安心したのは、アマゾンの箱がいたるところにあったので、金持ちも
アマゾンを使ってるんだなって思いましたw
色んな豪邸を見て感じのは、監視カメラがどこの家にも設置されていることです。
セコム率が多いので、六麓荘滞在中の3時間の間に3台くらいのセコムの車を見かけました。

また、外車が多いのはもちろんですが、メルセデスベンツとBMWが多いと感じました。
この2つを比較するとメルセデスベンツがやや多い感じですね。


街中では、860万円するベンツで仮免許の練習する人もいるほどです(笑)
もう金銭感覚が違い過ぎて笑うしかありませんでした。


六麓荘の町は世代交代のためか、取り崩している家が結構ありました。空き地も多く感じました。
そして新築を立てている家もあったので、建設中の建物がどんな感じになるのか楽しみな感じです。
先ほどいったように、六麓荘は坂道が多いのでタクシーもたくさん走っています。
駅から六麓荘まで1000円くらいで行けそうなので、金持ちにとったら全然高くない感じですね。

それでも私にとって1000円は高額なため、帰り道は15分待ってバスで帰ってきました。
ご覧のように、ただの観光になってしまい、豪邸に住む有名人の人と玉の輿の縁はありませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ