たったの10分!沼島海水浴場は淡路島から唯一行ける離島だった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沼島海水浴場は、兵庫県南あわじ市にある、淡路島の離島「沼島」にある海水浴場です。
沼島は周囲10kmしかない、とてもこじんまりとした小さな島なので、海水浴場も地元民以外にはあまり知られていません。

我が家は毎年淡路島へ海水浴に行くのが恒例なのですが、知人から「南の島のような透明度の高い綺麗な海だった!」と聞き、またネットでの口コミも素晴らしかったので、それは是非行ってみたいと思い、早速訪れてみました。
DSC_1691

沼島海水浴場へのアクセスについて、まず淡路島の土生港(灘ターミナルセンター)まで車で向かいます。駐車場代は1日500円です。その後、待合所カウンターで乗船するためのチケットを購入します。往復券で買った方がお得で割引になってますよ。

このターミナルから、沼島汽船が運行する船に乗り、10分ほどで沼島に到着、あっという間です。
淡路島土生⇔沼島間の船は、1日の本数がそれほど多くないので、乗り遅れにご注意ください。
私たちは帰りの便で時間ぎりぎりとなり、炎天下の中、重い荷物を持って全速力で走る羽目になりました。。。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また、沼島に到着後、海水浴場までは徒歩で移動します。だいたい15分~20分ほどでしょうか(子連れだったので、かなりゆっくりです)もしクーラーボックスやテント等で荷物が重い場合は、キャリーカートがあると少し楽だと思います。

沼島の海水浴場には、無料のシャワーや更衣室・トイレは備え付けられていますが、海の家はありません。よって、食べ物や飲み物は全て持参するしかないので、忘れないようにしましょう。また毎年遊泳期間があり、その期間外はシャワー等の使用は不可になりますので、ご注意ください。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
海水浴場には日陰が少ないです。ワンタッチテントやパラソルの持参がオススメです。また、水遊びの際、足元のジャリが痛くないよう、マリンシューズもあるといいですよ!沼島海水浴場で遊んだ感想ですが「南の島のような透明度!」は言い過ぎでは・・・と正直思いました。

私はスノーケリングが趣味なのですが、あちこち泳いで水中を確認して、ようやう奥の岩場スポットだけが透明度が高くお魚も見られることに気づきました。のちほど帰宅してから知ったことですが、どうやら私が行った時期は「赤潮」が発生していたようです。本島にバッドタイミング!でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
事前にどこかでその情報を知ることができれば良かったのですが、それが少し残念です。水中写真もたくさん撮りたかったのですが・・。のんびり海を見て過ごしたり、海水浴場で浮き輪で泳いだり水遊びをしたりという点ではなんら問題なく、楽しく過ごすことができると思います。
今回、初めて沼島海水浴場に行ったのですが、来年も絶対に行きたいかどうか?!と聞かれたら、正直悩ましいです。もし赤潮が発生していな時期がどこかで分かれば、是非もう一度行ってみたいと思っています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ