ジャンカルドで大切な人とのお食事に。神戸を一望できるレストラン。

三ノ宮から車で15分ほどの諏訪山公園の山頂にあるレストラン、ジャンカルド。ピラミッドのような形をしたおしゃれな建物です。店内はほぼ全面ガラス張りになっており、どの席に座っても神戸の街を一望することができます。

 

さらに上の階には広い宴会場があり、そこを貸し切ることも可能だそうです。その高級感あふれるお店の雰囲気からは想像できないほど、オーナーの太田さんは明るく気さくでユーモアたっぷりな方です。

 

その人柄からか交友関係も広いらしく、神戸市内で開催される食をテーマとしたイベントなどに出店されていたこともありました。私自身も「こうべガーデンカフェ」というイベントでこちらのお店を知りました。お店に伺いお食事をいただいたところ、まず1品1品が絶妙なタイミングで出されることに驚きました。

あとで聞いたお話ですが、各テーブルの様子を厨房で確認できるようカメラが設置されているようで、お料理を提供するタイミングをお客さんひとりひとりに合わせていらっしゃるそうです。どんなに美味しいお料理でも、長い時間待たされたり、逆に次から次へとどんどん出されたりすると、気分良く心から味わうことができないですよね。こういった細やかな気遣いが非常にありがたく、居心地が良いです。

 

お料理はまるで繊細な芸術作品のように、彩り鮮やかで見た目も楽しませてくれます。今までに食べたことのない珍しい食材も少なくないですが、その素材の味を活かしつつも親しみやすくやさしい味付けで、安心して食べることができます。また、お客さんの意見や要望も積極的に聞き入れてくれます。こちらでプロポーズをしたいというカップルも少なくないらしく、事前にお店にプレゼントなどを預けておきデザートと一緒に持ってきてもらうということもできるそうです。

 

神戸の夜景を眺めながら美味しいお料理を食べ、プロポーズされたら…確実に受け入れてしまいますよね。お店のすぐ横には恋人の聖地・ビーナスブリッジや愛の鍵モニュメントがあり、カップルが愛を誓うにはぴったりの場所です。しかし、お客さんはカップルやご夫婦ばかりではありません。ママ友や親子で来られる方も多くいらっしゃいます。この人と最高のひと時を過ごしたい、と思う大切な相手となら誰でもOKです。

ちなみに、神戸の夏の風物詩と言えば「みなとこうべ花火大会」ですが、これもこちらからばっちり見ることができます。こういった花火大会の日やクリスマスやバレンタインといったイベントの前後は予約必須ですが、それ以外は予約なしでも大丈夫だと思います(もちろん予約した方が確実ですが)。

 

もし待ち時間があったとしても、すぐ横にある展望台で神戸の街を眺めたり、愛の鍵モニュメントで様々な南京錠を観察したりと、楽しく時間を潰せそうです。決して安くはありませんが、お料理の質やおもてなし、抜群のロケーションなどを考えれば行く価値は十分あります。大切な人との記念日や誕生日などのお祝い事、また感謝の気持ちを伝える時などにまた利用させていただきたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ